このサイトはマリオ・パチオラの死の真実を理解するために、様々な新聞記事を収集して適切な順番に整理しています。すべての記事が公式の情報によって書かれているとは限らないので内容が100%確実だというわけではありません。

言語

マリオ・パチオラの事情

DSC_0459_edited.jpg

Photo by Matilde Dorcadie

マリオ・パシオラの死の事件の概略

国連員マリオ・パシオラは7月15日2020年にコロンビアのサンビセンテ・デル・カグアン市のアパートで死んだ状態で発見されました。コロンビアの政府はまず自殺だと判断しました。けれどその判断の後から出てきた事実、体に刃物から受けた傷跡などが殺人事件だったという仮説の立証となることになった。20日に行われた検死解剖の結果はまだ周知されていません。マリオが彼の地元のナポリへの飛行機の切符を死ぬ前にすでに買ってあったということは彼の死が殺人事件だったという仮説を強めています。彼の友達や家族は彼が元気のある、自殺みたいな極端な行為を取る男ではないと述べていた。何個かのイタリアの新聞は彼の死亡原因をコロンビア政府とコロンビア革命軍の間の平和が崩れかけている状況のせいだと述べています。マリオ・パシオラはカグアン川を改善しようとする仕事をしていて、この川は昔コカインなどの麻薬の売人が使っていたのでイタリアの新聞はこれを嫌がってコロンビアの麻薬カルテルは彼の命を取ろうと決心したかもしれないと推理した。けれどマリオが電話で最後に母に言っていたことはイタリアの新聞とまた別な結論を提案します。マリオは母に「彼の知り合いの行動が彼を脅かしている」と伝えました。別の電話会話で彼は母に「上司と喧嘩して怒られた」と教えました。彼は何回か仕事場の環境に納得いけないと言い、罪悪感を感じてナポリの清潔な水で汚れた気持ちを流したいと言いました。マリオはコロナ予防対策として家で隔離していながらリモート仕事をしていたので、母によると、彼は仕事関係の人としか直接会っていませんでした。なので7月10日に起きた上司との喧嘩後、仕事に関する問題だったという可能性があると考えられます。国連はまだ上司との問題の事情を広告していません。マリオの仲間のジャーナリストのクラウディア・デゥッケはEl・Espectadorのニュースサイトに書いた記事にマリオが同僚からスパイだと疑われた事があるという話について書きました。イタリア外務大臣ルイジ・デ・マイオとナポリ市の市長ルイジ・デ・マジストリスはコロンビア政府と国連からマリオの死の原因と事情をすべて明確にすることを要求しています。国連は事件を解決するために援助すると広告しているが実際はコロンビアの警察と共有に事件検査の障害となっています。マリオの死の一か月後、まだ彼の検死解剖の結果は広告されていません。